安いペットショップでペットを選ぶ

ペットショップでペットを買うという人は、ペットショップ選びからまずははじめてください。
ペットショップにも色々とあります。ご近所のペットショップでペットを選ぶのが安心という人、すこし特殊な種類の動物をペットとして迎えたいと考えている人、安くペットを買いたいという人様々な要望があるように、ペットショップもお店ごとにニーズが違っています。
最近はオンラインを使った里親候補探しなども頻繁に行われていて、ペットショップよりもそちらを利用するという人はいますが、それでもペットブームのおかげか、ペットショップが無くなるということはありません。
ペットショップを選ぶというのは、これから家族として迎えるペットのことを考えることでもあります。
どのようなペットショップがあるのか、いろんなペットショップを比較してみましょう。

ペットの一生にかかる費用犬と猫

まず、ペットを飼う際に1番多いのがペットショップの利用です。
品種や年齢によって値段はピンからキリまでありますが、だいたい平均すると犬は十数万円・猫は7〜8万円だと言われています。
次にペット用品を買い揃える必要があります。
トイレ用品・ゲージ・餌や水を入れる受け皿など、犬・猫ともに1〜2万円ほどかかります。
そして毎月の固定費として餌代がかかるのですが、これは体型や年齢により大きな差が出るところです。
一般的には、犬が年間3〜4万円ほどで猫は年間2万円ほどとなっています。
トイレシートや砂などにも年間1万円近くかかります。
また、出費を考える上で外せないのが医療費です。専用の保険制度に加入している場合を除き、動物には保険が効かず自由診療となります。
病気の予防接種や避妊手術はもちろん、予期せぬ大病にかかった際の治療費まで含めると莫大な費用が想定されます。
平均的には犬が年間5万円、猫は年間3〜4万円ほどです。
これ以外にもペットサロンやペットホテルの利用をすると、その都度人間並み、もしくはそれ以上のお金が必要となります。
全てを合わせれば、犬の一生には100〜200万円、猫の一生には約100万円かかると考えられます。
動物を飼う時は、責任もって死ぬまで世話をする金銭的余裕があるかどうか確かめてからにしましょう。

ペットの里親になる時の注意点

ペットを飼う際、ペットショップで買う以外にも、里親になるという選択肢があります。
よく張り紙やSNSの呼びかけなどで「里親さん募集」といった内容を目にすることも多いと思いますが、実際に里親になる時には、どんなところに注意すべきなのでしょうか。
まず注意したい点は、里親になる条件が厳しいところが多いというところです。
近年、動物虐待や途中でペットを手放す飼い主が増えている中、そのような目的ではないか、最後までしっかり面倒を見てくれる人なのかを見極めるため、里親になるためのいくつかの条件を設けられている場合が多いです。
家族の誰かが常に家にいる家庭なのか、先住のペットはいるのか、引き取ったあとも連絡をこまめにしてくれるかなどです。
さらに、タダでもらって終わり、という訳ではないことも注意しておきましょう。
ペットショップと違い、里親になる時は動物の代金というものは発生しないことが多いですが、その代わりにワクチンや去勢費用などを支払う必要がある場合があります。
また、まだワクチンや去勢を受けていない動物の場合、引き取った後に里親側が行わなければならないことがあります。
動物の飼うということは、大きな責任が伴うことです。
最後まで責任をもって、いい里親としてペットを飼いましょう。

ペットが飼える賃貸の相場

最近ではペットが飼育可の賃貸マンションが増える中で、飼育不可の物件と比べてどれくらい賃料に差が出るのか調べてみました。
一慨にペットといいましてもマンションで事前に飼育許可が必要なのはわんちゃんとねこちゃんが大半を占めています。
小型犬であれば単身の一般的な物件で不可物件よりもプラス5000円ほどが相場となっております。
また2匹、3匹と飼育される数によっても家賃がプラスになる場合もあります。わんちゃんの場合は小型犬であれば
賃貸物件が何件かでてくるのですが、ねこちゃんの場合は物件自体が少なくなります。
ねこちゃんは爪でひっかく習性があるので壁などをガリガリすることによって退去する時の修繕費用が高くつくことから
ペット飼育可の物件でも小型犬のみと定められていることが多いです。
何件かねこちゃん飼育OKの物件をみつけましたので相場を調べますと、家賃は先ほどのわんちゃんと同様に不可物件より
プラス5000円ほどで、さらに敷金や礼金がプラス1ヶ月必要となっているところが多く見受けられました。
やはり退去時の修繕費を踏まえた分少し高くなっているのかな、と思いました。
ペットと一緒に住むことは飼い主からすれば癒しの時間になりますが、飼っていない人からすればルールやマナーを守らない方
がいらっしゃるとトラブルの元になるので、不可物件のほうが圧倒的に多くなっています。
飼育可能物件でも少し家賃相場は高くなることがわかりました。